beyond of edamame

2014.6 制作

アルファベットの「Z」は、一番最後の英字です。最後は最初に戻ります。どんなモノもどんな動物もどんな植物もどんなことでさえも、終わりまで来たなら最初に戻るということが、輪廻・輪廻転生、因果応報など人類普遍的な事柄のようです。
「カナタ」の「yonder」は、「そちら」「あちら」「そっち」「あっち」などの意味がありますが、「beyond」は「超える」「向こう」「以降」などの曲線的な響きがあります。戻ってくるということを意識してみました。

「そして、カナタから 戻ってきたゼ(z)」

2009年から2012年くらいまで、恋や勇んで活動する忙しい時期でした。それなりに充実していたとは思いますが、同じくらい不安定でちょっとしたことで一喜一憂していました。傍目から見れば、危なっかしく、落ち着きのない人だったでしょう。恋も終わりに近づいて、ひと段落して、さあ次の場所へと向かう時に、ぐるっと回って最初に戻るということに気づきました。なんだ、最初に戻ったのか、と。

work date 2014.6 

「Z」 in the alphabet, is the very last word. Finally it returns to the first. Any thing, any animal, any plant, whatever it is, If it comes to the end it means returning to the beginning, It seems to be a universal matter of mankind such as circulation, ring regeneration, causal response and so on.
「Yonder」 of 「kanata」 has meaning such as 「there」 「over there」 「there」 and 「there」 「Beyond」 has a curved sound such as 「over」, 「over there」 and 「after」. I tried to be conscious of coming back.

「Soshite, kanata kara modottekita ze (z )」

From 2009 to around 2012, It was a busy time to act with love and courage. I think that it was fulfilling as it was, I was feeling uneasy and somewhat concerned with a little thing as much. From other people’s perspective, Dangerous, It would have been a man of restless. Love also approaches the end, And breath, When heading to the next stage, I realized that I spun around and returned to the beginning. what, Was it first returned.

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。