edamame

2013.6 制作

これはedamameです。edamameは枝豆です。ビールのお供にあう、あの、枝豆です。豆類は、皮付きのまま食べられるものもありますが、ワタシは豆自体を食べるのが好きです。皮を剥いだときにぷーんと香る緑くさい匂いが食欲をそそります。ビールのお供によく食べるものですが、ワタシは普段でもおかずとして食べています。おかずの一つとして。

「この虚無をどうにかしてくれ、、、」

たまに、生きていると、時たまに、虚しさに襲われることがあります。何も考えなければ、考えるのを拒否すれば、どうということもない、くだらないことかもしれません。意味がなければ、価値がないことなのかとも思いません。ただ、生きていく、飲んで食べて笑ってたまに泣いたり、たまに朝日や夕日が拝めれば御の字で。木に寄りかかって今日も、たまに、虚しさに襲われる日々。

work date 2013.6

This is edamame. Edamame is edamame. It fits the beer’s accompanying, that, It is edamame. Beans, Although some can be eaten with bark, I like to eat beans themselves. When peeling the bark, The smell of green smells the appetite. I often eat it with beer, I eat it as a side dish. As one of side dishes.

「Kono kyomu o dōnika shite kure,,,」

Sometimes, When alive, The occasional, It might be attacked by emptiness. If you do not think about anything, If the refusal to think, No big deal, It may not be casual. If the meaning is not, I do not think that it is worthless. Just, To live, Drinking, eating, laughing, occasionally crying, Once in a while as I watch the morning sun or the sunset, Leaning against the trees Today, Sometimes, Everyday being attacked by emptiness.

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。