hamburger⤴️⤵️

2013.6 制作

無性にハンバーガー⤴️⤵️が食べたくなります。若い頃から良く食べていたんですが、食生活や環境が変わると、疎遠になり、最近は月1回食べるかどうかになってしまいました。ひな鳥への刷り込みのように、美味しさというか、癖になるというのか、食べたくなります。特にフライドポテトも外せません。矢印が上がって下がっているのは、日本語としてではなく、本場の喋り方のイントネーションを表現してみました。英語での発音です。

「黄昏が、コトバにできないほど 美しい、、、アナタと同じ くらいに、、、」

よく言うクサイ台詞をちょっとふざけて、ハンバーガー⤴️⤵️で表現してみました。ハンバーガー⤴️⤵️の雰囲気と足を打ち鳴らす動作で、可愛らしさと小馬鹿にした感じを制作しました。恋人たちの間では、クサイと思う台詞も美しく、心に響くものだったりします。見つめ合う二人には、客観的なことなど関係ないようです。でも、恋だけじゃなく、何でも盲目的に落ちることはいいことだとは思いません。そうゆう時も必要だとは思いますが、一度我に帰ってみることも必要だと思います。

work date 2013.6

I really want to eat a hamburger. I have been eating well since I was young, When the eating habits and the environment is changed, Become estranged, Recently, it has become whether to eat once a month. As in the imprinting of the chicks, Or rather taste, Is it a habit, I want to eat. Especially french fries can not be removed. Arrows are going up and down, Not as Japanese, I tried to express the intonation of how to speak authentically. It is pronunciation in English.

「Tasogare ga, kotoba ni dekinai hodo utsukushī,,, anata to onaji kurai ni,,,」

Well say stinking serif a little fun, I tried to express in the hamburger. With the hamburger ‘s atmosphere and striking feet, I created a cute and foolish feeling. In between the lovers, Serifs who think smelly are also beautiful, It will resonate in my mind. The two people who each other staring, It seems that there is nothing to do with objective things. But, not only love, I do not think anything blindly falling in love is a good thing. I think that such a time is also necessary, I think that it is necessary also to go back to me once.

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。