solt

2016.3 制作

塩を振る時に小瓶を傾けるか、逆さまにします。時には塩を直接摘むこともありますが、今回は小瓶に入った塩の話です。でも、塩そのものの話ではありません。あくまでも塩が入った小瓶の、傾きに掛けた話です。
「かたよる」は、「Biased」という意味もあります。「偏った考え方」や「見方の偏った」「一方の傾き」「偏見」などです。今回はそうゆう傾きではなく、モノや形、そのものが斜めになることを意識してみました。

「人生がかたよる、、、」
「life is slope」

以前から「斜め」や「斜光」「斜行」などにあるように、あまり良い意味では使われないようです。物事を正面からではなく、斜めから見ることはよくないことだとよく言われます。しかし、ありのままを捉えることも大事ですが、どこか斜に構えたところには反骨精神に通じるものがあるのではないでしょうか。これでいいのか、本当にこれで問題ないかと常に自分自身に問いかけることも必要なことでしょう。

work date 2016.3 

Tilt the bottle when shaking salt, I will turn it upside down. Sometimes you may pick salt directly, This time is a story about salt that entered the bottle. But, is not a story of the salt itself. To the last, in a bottle containing salt, It is a story tilted.
「Katayoru」 is, It means 「Biased」. 「Biased way of thinking」 and 「biased view」 「one’s inclination」 「Prejudice」. This time not the inclination, I realized that things and shapes and things themselves will become oblique.

「Jinsei ga katayoru、、、」
「life is slope」

As before from 「oblique」, 「shaded」, 「skewed」 and so on, It seems not used a very good sense. Things rather than from the front, It is often said that looking diagonally is not a good thing. However, it is important to grasp as it is, I think that there is something that leads to the rebellious spirit in places somewhere standing diagonally. Is this right, I think that it is also necessary to always ask yourself whether it is a problem with this.

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。