dog

dog

2011.6 制作

イヌは日本古来から家族の一員として、存在しています。古くは縄文時代に、埋葬された状態で発見されたそうです。ワタシの小さい頃にも、犬を飼っていました。朝晩の散歩にも連れて行き、たまには走り回らせて運動をさせていました。どこかに行くときの連れとして、出かけるときの、歩く時や走るときのイメージです。

「You go out to your town, you go out to the town where you have lived…」
*あなたの街に出かける。あなたが住んでいる街に出かける、、、*

ようやく、あなたに逢える。ココロが弾んでしまう。踊ってしまう。あなたの住んでいる街、どんなだろう?どんな雰囲気だろう?どんな人たちが歩いているだろう?どんなお日様が輝いているだろう?これから、どんな夕日に会えるだろう?どんな夜のしじまに会えるだろう?

work date 2011.6

As a member of the family since ancient Japan, It exists. In the old Jomon period, He seems to have been found in a buried state. Even when I was little, I kept a dog. I also took a walk in the morning and evening, Sometimes I ran around and exercised. As a trip to going somewhere, When going out, It is an image when walking or running.

「You go out to your town, you go out to the town where you have lived…」

Finally, I can meet you. My heart will blow. I will dance. The city you live in, What is it? What kind of atmosphere is it? What kind of people are walking? What kind of sun is shining? from now on, What kind of sunset can we meet? What kind of night god will I be able to meet?

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。