kuma

kuma

2010.5 制作

英字でのクマはbearですが、今回はローマ字にしました。ぬいぐるみやキャラクターもので、可愛らしくて、誰でも一度は手にしたことがあるモノで、動物としても、一番馴染みがあるものではないかなと思います。

「gu gogaga gogaaa… gufu gufu gu gu」
*グ ゴガガ ゴガアアア、、、グフ グフ ググ*
*あなたを食べてしまいたい、、、*

今回も食べるという行為をイメージしています。食べるという行為。一番わかりやすくて、てっとり早い。愛や相手が欲しいとき、飲み込んで、一緒に溶けてしまいたい。血や肉となり、血潮となって体の一部に。ワタシの一部に。

work date 2010.5

The kuma in alphabet is bear, but this time I made it romaji. For stuffed animals and characters, Lovely, Everyone has something that I have at one time, As an animal, I think that it is the most familiar one.

「gu gogaga gogaaa… gufu gufu gu gu」

I imagine the act of eating this time as well. The act of eating. The easiest to understand, Moist fast. When you want love or opponent, If anything, Swallowing, I want to melt together. Become blood and flesh, Become a blood tone and part of the body. To a part of me.

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。