Overfrows

overflows

2009.2 制作

ワタシのデザインの根底には、いつも愛があります。どんなにふざけたモノでもなにかしら愛があります。笑いの中にも愛という、何かを愛しく思う気持ちがあります。
学生の時は暗い時代を過ごしていたのにどうしてと思うかもしれませんが、ワタシの心の奥底に流れているのです。
なぜかはわかりません。暗い時代の反動なのかもしれないし、幼いころに動物と戯れていたのがよかったのかもしれないし、微々たる時間でも愛情をかけてもらったのがよかったのかもしれません。

「The love which overfrows」
*溢れる想い…*

ちょうど恋の時期が始まろうとしているときでした。好きで好きでしょうがなくてという感情ではなく、もっとこうポジティブなもので、これからどうなるかわからないけどわくわくするような、あふれだす思いです。

work date 2009.2

At the root of my design, there is always love. No matter how frightening you are, there is something special. There is a feeling to love something, love, even in laughter.
Although I may think why I was a dark era when I was a student, It flows in the depths of my heart.
I do not know why. It may be a reaction to the dark era, Perhaps it was good that he was playing with animals when he was young, Perhaps it was good to have love afforded even for a short time.

「The love which overfrows」

It was just when the timing of love began. I am not feeling that I am missing and missing you, In more positive things like this, I do not know what will happen from now, It is an exciting, overflowing feeling.

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。